> 睡眠薬を飲む前に
更年期障害の病因は女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少することによって起こるホルモンバランスの乱れであり、女性ホルモンを補い、バランスを改善すれば更年期障害で起こる不愉快な症状は改善できます。 パニック障害がひどい時には、まず抗不安薬や抗うつ剤などを利用することも必要だといえます。しかしながらずっとそのような薬を当てにしているといつまでたっても不安が消えません。 人間には心があるので、薬を飲んで脳の調子が改善したとしても、考え方の癖などに変化がなければまた同様にパニック障害になり得るのも事実です。 更年期障害といえば、最近までは閉経を迎える女の人のホルモン量が急に少なくなることで現れる肉体・精神の不調のことでした。 過敏性腸症候群においては、消化管の活動が過度に高まり精神面でのストレスや自律神経のバランスの乱れ、食べたものの刺激が原因で腸管の拡張と収縮が機能しなくなるという症状が出てきます。 ほとんどの場合更年期障害においては、「肉体的な症状」と「心の症状」が現れるものです。又、いくつかの症状がいちどきに発症する為、不快感が強い場合が多いのが特徴でしょう。 自律神経失調症で見られるふらつきや耳鳴りは、おおかた三半規管の機能にトラブルが起こるのが原因です。三半規管は人体の平衡感覚を制御する役割をします。 さしあたり休みをとり、落ち着いたこころもちを取り戻すということが、自律神経の仕組みの改善をし、不快な耳鳴りなどの症状を和らげるのに役に立ちます。 仮にあなたがうつ病か自律神経失調症であるということを言われたならば、副交感神経の作用を高めるためにゆったりとした気分で過ごすことが大事です。加えて自らのことをいたわりましょう。