> 睡眠薬を飲む前に
通常ならお昼の間は交感神経が活発に作用し、夜になったら副交感神経が身体に休む命令を出すことになっています。しかし、これらのバランスが崩れるために、不眠症状が表れます。 ストレスは、自らの気持ちに沿わない事象などに影響を受けるものですが、『ストレスの多い人に、耳鳴りのトラブルがよく現れる』という向きがあります。 自律神経失調症のにより現れる更年期障害のトラブルには、めまい、ほてり、のぼせ、血圧の上昇などの身体に現れるものと、不安、うつ、なかなか寝付けないといった精神性のものがあるのです。 更年期障害治療に使われるホルモン補充法(HRT)はリスクの高い方法で、危険性も伴います。比較的自然な形で体への影響があまりない方式をその前に試してみましょう。 過敏性腸炎は腸検査や血液検査でははっきりとした問題が出てこないけれども、腹部の不快感や腹痛を伴う便秘や下痢の症状が続く疾患です。 不眠症はほとんどストレスによって引き起こされます。心理的ストレスのみでなく、環境が変化したり、翌日の仕事、非常に腹を立てているなどというような状態もまたストレスを生みます。 「パニック障害」に間違えやすい症状を発症する「自律神経失調症」では、脈が速くなる、食べ過ぎではなくても胃腸を壊すといったようなトラブルが出てきます。 過敏性腸症候群(IBS)とは腸での検査や血液検査でもはっきりとした問題が見当たらないけれども、腹痛や腹部の違和感が生じ、下痢や便秘が長く続く疾患です。 原則的にはパニック障害か自律神経失調症かで施術の手法に差はないです。どちらも脳における血行障害を緩和する為に後頭部や背中の筋のこわばりを緩めます。